HOME > 介護の職場恋愛と結婚 > 介護士の職場恋愛における患者さんや介護職員に迷惑がかからないようにする掟とは

介護士の職場恋愛における患者さんや介護職員に迷惑がかからないようにする掟とは

男性30代
介護職員10年
介護福祉士として10年間働いている既婚者です。

介護職員と恋愛関係に

結婚する前に同じ介護職員を好きになりました。

彼女に挽かれる

可愛い女性なところが惹かれました。

職場恋愛のメリットデメリット

介護の職場は女性が多く、男性にとっては職場恋愛がしやすいということと、同じ仕事ということもあり目的が同じなので好きになりやすいとういことが職場恋愛の良いところだと思いますが、職場恋愛の悪い点はうわさが広まりやすく、女性が多いからかうわさが飛躍していきます。

仕事の新しい楽しみ

職場恋愛をしていると、仕事に行くのが楽しくなりました。

デートに誘うために

相手のことが好きになったとき、デートに誘いたくて、先輩に連絡先を聞いてもらったことが印象に残っています。

職場恋愛は自己責任

介護の職場であっても職場恋愛をすることは良いと思います。
しかし、患者さんやスタッフに迷惑がかからないように、公私混同せず、仕事とプライベートをきちんとわけて仕事をすることが大事なのではないでしょうか。
職場恋愛は必ずしもうまくいくとは限らないので、そのときに職場でギクシャクしないように異動願いを出して顔を合わせないなどの工夫するようにして下さい。
介護の世界は職場恋愛がとても多いのは事実で、恋愛の相談も恋愛のトラブルもたくさんみてきましたが、最後は恋愛するにしても自己責任になってきますので、職場恋愛をしても責任は自分でしっかりととることです。