HOME > 介護の職場恋愛と結婚 > グループホームで出会った介護士の同僚は私の妻になりました

グループホームで出会った介護士の同僚は私の妻になりました

男性30歳
ホテル業2年半、グループホームに4年半、特別養護老人ホームに2年半
30歳の男性介護職員で妻と二人の子供がいます。

職場恋愛で結婚に至る

グループホームには23歳の時に転職したのですが、1年程経った24歳の時に同僚と恋愛関係になりました。
最初は、仕事を教えてもらうのに「怖い人だな」というような印象だったのですが、数人で遊びに行く内に怖い印象も無くなり、相手から映画に誘われ行ったのがきっかけです。
好意を持ってくれていたことを最初から周りが知っていたようで、知らないのは僕本人だけでした。
忘年会が終わった時に誘われたのですが、本当にいじらしい誘い方で本当に可愛かったです。
その後結婚して、妻となりました。

こんな彼女が好き

彼女は、物事の本質を見て判断し、周りの意見を聞きつつ自分の意見をしっかり持っています。
「この人なら大丈夫かもしれない。自分のダメなところもハッキリ指摘してくれるし、お互いに高めあっていける」と思い惹かれました。

いいこともわるいことも

業務内容が同じなので、お互いの仕事ぶりがよく分かり、仕事の相談やアドバイスをし合えるのが良いところです。
しかし、周りが何でもかんでも「付き合ってるから、二人とも出勤している日は働きが悪い」とか「付き合ってるし、これ○○さんに言っといてよ」等「付き合ってるから」という色眼鏡で見て判断されるのが職場で恋愛していると嫌でした。

職場恋愛の悩み

僕自身は付き合ってから変わったとあまり感じていませんが、日常的にひやかされるようにはなりました。
応援してくれる人もいたので、さして気にはなりませんでしたが、妻の方に、僕の事実無根の悪口を言ってくる周りの人が増えたみたいで、本当に鬱陶しかったと後から聞きました。

印象的な出来事

付き合うきっかけになった忘年会の後、夜勤者が仲の良い人で近くだった事もあり、グループホームで一緒に休んだのがとても印象に残っています。

職場恋愛は秘密がよい

職場恋愛は極力知られないようにすることが大切だと思います、もし私のように知られてしまっていたとしたら、毅然と振る舞うことで周りも事実無根な事を言いに来たり、伝言役にしようという様な事も段々減ってきます。